×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テコンドーってナニ?

テコンドーとは

故・チェ・ホンフィ創始者
故・チェ・ホンフィ創始者

テコンドーの創始者である故・崔泓煕(チェ・ホンフィ)総裁は、当時、韓国陸軍の将校として民族独自の武道の研究と普及に努めていました。

総裁は、子供の頃から、朝鮮半島に古くから伝わる古武術・テッキョンを学び、1937年には日本へ渡り空手を習得。その後、空手、テッキョンなど様々な武道をもとに、1954年、テコンドーの技術的基礎を完成させました。

新しい武術に技術と精神を融合させることを重要視した総裁は、精神修養に東洋の哲学や朝鮮の歴史を盛り込み、技術体系に人間の持ちうる力を最大限に出すために、現代科学の理論を活用しました。そして翌年の1955年、正式に「跆拳道」の名前が生まれました。

ページの上部へ



競技について

パターン/トゥル〜型〜
トゥル

トゥルはテコンドーの根幹を成すものとして、最も重視されています。2人同時に行い、どちらが動作の正確さ、力強さ、バランスに優れているかを競い合います。力の出し方などトゥルから学ぶところは多く、マッソギにおいても力の入った技を出すことができます。



スパーリング/マッソギ〜組手〜
マッソギ

マッソギは、体重別に5つの階級に分けられ、軽い方からマイクロ級、ライト級、ミドル級、ヘビー級、ハイパー級に分かれて試合が行われています。急所の2センチ以内に攻撃技を決めるライトコンタクト制が用いられ、ポイントによって勝敗を決します。手による顔面への攻撃は認められていますが、下半身や背面への攻撃は禁止されています。

安全にマッソギが行われるよう、少年部は面と胴に防具を装着します。また成年部では有効とされる顔面へのパンチも、少年部では禁止されています。

パワーグレイキング/ウィリョク〜威力〜
パワーグレイキング

手技や足技の破壊力が試される競技で、割った板の枚数を競い合います。テコンドーの技が秘める一撃必倒のパワーをこの競技で実証します。パワー、スピード、正確性が問われ、いずれか1つでも欠けてしまうと、多くの枚数を割ることは出来ません。

発育途中の少年部の大会では、拳や足を壊す危険性がある為、パワーグレイキングは行われません。

スペシャルテクニック/トゥッキ〜特技〜
スペシャルテクニック

テコンドーの驚異的な跳び蹴り技が試される競技で、より高い(遠い)所にある板を割ることが出来るかを競い合います。跳躍力、柔軟性、バランスが問われ、鍛錬によって華麗な跳び蹴りを繰り出すことが出来るようになります。



ページの上部へ



段位・級位について

テコンドーには級位が10〜1級、段位が1〜9段まであり、白帯から始まって、黄帯、緑帯、青帯、赤帯、黒帯へと昇級していきます。また段位とは別に、副師範/プサボン(3段)、師範/サボン(4〜6段)、師賢/サヒョン(7〜8段)、師星/サソン(9段)という称号があります。テコンドーの最高段位は9段です。

昇級審査は定期的に行われ、級位の審査は、所属している各道場にて師範が行います。それぞれの級位には審査課題が設けられていて、それらの課題を習得できたかどうかによって昇級していきます。

ページの上部へ

テコンドーファイター達のブログ

テコンドー動画

YOUTUBEのキッズテコンドーチャンネルでは、テコンドーや、その他イベントの動画を配信しています。